ビジネスでは「名刺 = 顔」 !

BCL

●名刺交換のマナー。

名刺交換のマナーとは

名刺交換は名刺を渡す相手とのビジネスの第一歩となります。相手に自分を知ってもらうこと、相手がどいう立場の方なのかを知ることが最大の目的です。

そこで名刺交換時に最も気をつけなければならないことは、相手に不快感を与えないことではないでしょうか。
例えば、相手が立って渡しているのに自分が座ったまま名刺を渡したら相手はどう思うでしょうか?
名刺交換はビジネスの第一歩であると同時に、第一印象を与える最高のチャンスなのです。

このページに名刺交換のマナーを簡単にまとめてみましたので、よろしければ参考にして下さい(・∀・)ノ

名刺の渡し方、受取り方

例えば相手の会社に訪問している場合、応接室で座って待たされる事がよくありますが、その場合でも相手の方が来たら必ず立って一礼します。
そして、いよいよ名刺交換になります。

名刺は必ず両手で持ち、簡単に自己紹介をしながら相手の胸元に自然に差出しましょう。その際に相手も同時に名刺を出してきたら、名刺を横にずらす、または相手の名刺の下にずらします。相手の名刺の上に自分の名刺を持ってくると良い印象を与えませんので気をつけましょう。
そして自分の名刺を先に受け取ってもらってから、自分も相手の名刺を受け取ります。気をつけなければならないのは、名刺交換の際は相手と自分の間に机など障害物を挟まず、机の横に出て相手と正面で向き合える状態で行うということです。
相手が名前を言わず、名前が読めない場合はその場で必ず聞きましょう。

名刺を渡された後

名刺を渡された後、商談中は頂いた名刺を机の上に置いておきます。その際の注意点として、名刺を直に机に置くのではなく、机に名刺ケースを置き、その上に名刺を乗せましょう。その方が名刺を大事に扱っている雰囲気を相手に伝えることが出来ますよ♪
受け取った名刺を直ぐに名刺ケースにしまってしまう人がいますが、相手の名前が覚えづらかったり、相手の名前を忘れてしまった時などに困りますので、机の上に置いておきましょう。

頂いた名刺は相手の分身と同じです。丁重に扱うようにしましょう。絶対に相手の前で受け取った名刺をメモ代わりに使わないで下さい。

名刺は会社の顔、自分の顔

名刺は自分の事、会社の事を相手に知ってもらう為のものです。
相手に渡す名刺が汚れていたり、曲がったりしていると、相手に伝わるイメージは悪くなりますね。名刺は必ずきれいな物を渡しましょう。

例えば、相手の会社に訪問した際に、相手が不在の場合があります。その場合は名刺の裏面になるべくキレイな字でメッセージを残すと、あらかじめ相手に自分のイメージ少しですが、与えておくことが出来ます。なので、次回訪問した際に商談をスムーズに進めやすくなるのです。
他にも名刺にインパクトを残す手段として、顔写真を入れたり点字打刻をすることも良いと思います。特に点字名刺は企業イメージがアップするのではないかと思います(* ^ー゚)ノ

recommend

学ラン
http://www.pros-online.jp/gaku_ran.html
刺繍服の通販
http://www.pros-online.jp/how_sisyu.html
Copyright © BCL. All Rights Reserved.