ビジネスでは「名刺 = 顔」 !

BCL

●名刺の裏面の使い方。

名刺の裏面も有効活用

頂いた名刺を見ると、裏面を使っている方は少ないです。せっかくお渡しする名刺ですので、表面だけでなく裏面も有効活用してアピールしましょう♪
とはいえ、裏面への書き方や使い方はなかなか良いものが思い浮かばないと思います。

そこで、このページでは裏面の書き方と使い方のアイデアをいくつかご紹介します。

外国の方向けに使う

●英語表記
名刺の裏面の使い方として最も一般的かと思います。
表面と同じ内容を裏面に英文表記したものですが、とてもかっこよいですよね〜(〃▽〃)
書き方や表記方法については別のページでご説明するので、ここでは省略しますね(;´Д`)

ただ、外国の方と頻繁に名刺交換する方でなければ少しもったいない使い方かもしれません。もっと、あなた個人や企業をアピールする使い方をしたほうがいいかと思います。たま〜に外国の方と名刺交換する程度であれば、裏面ではなく表面に英文を併記することも一つの手ポイントですよ☆

その場合の書き方ですが、会社名、部署名に英文を併記し、名前の振り仮名をローマ字にしましょう。

店頭に置くことで、高い販促効果を発揮します。

例)
○○株式会社→MARUBATU,LTD.
営業マネージャー→Sales Manager

あとは、連絡方法の表記を「ファックス」のようにカタカナなどを使わずに、「Fax」「Mobile」などのように英語で表示しておけば問題は少ないと思います。

住所については、レイアウト上なかなか併記が難しいケースが多いと思いますが、初対面で住所を使うケースは少ないと思いますし、メールがこれだけ発達してますので、名刺では省略し、後日必要となった際にメールで連絡することにしても問題はないかと思いますが、表記する際はきちんと郵便番号や県名は表記しましょう。

電話番号の書き方については、最初に+81をつけて表示する方法もありますが、その場合は最初の0(東京でしたら「03」の「0」)を外します。これは、国内の方に分かりにくくなる危険性がありますので、やはり国内のものをそのまま表示したほうが良いでしょう。

事業を知ってもらう

●事業案内
あなたの事業内容をピックアップして掲載しましょう。
書き方としては「事業内容」「業務内容」「営業品目」「営業内容」などいろいろあると思います。
「得意分野」なんていう書き方もありますね。項目数が多ければ箇条書きで、可能であれば、項目ごとに簡単な説明を入れると効果的です。

例)
「ホームページ作成」
サーバー構築・Webマーケティング

例)
「ホームページ作成サービス」
売り込まなくても売れる仕組みのサイトを作ります。

●事業所案内
「事業所」「支店」「営業所」「支部」ごとに住所や電話番号などを記載しましょう。
また、複数の事業を所有している場合は、その名称と電話番号、URLなどを記載するようにします。

例)
本社・東京都○○区○○1-1-1
Tel・(03)-1234-5678

九州支社・福岡県○○市○○1-1-1
Tel(092)-1234-5678

大阪支社・大阪府○○市○○1-1-1
Tel(072)-1234-5678

例)
○○株式会社
URL://www.○○.com

販促協議会 会長
URL://www.○○.com

●地図
お客様に来てもらうことが多いお店やサービスの場合は、お店や事業所への行きかたの地図等を表記します。

●その他事業案内
営業時間や定休日、サポートセンターの電話番号など、お知らせしておきたいことを表記します。

販売促進のために使う

●広告・商品案内
製品やサービスの紹介、情報提供のオファーをすることが可能です。写真つきで商品を紹介することもできますね。

例)
修理の依頼は今すぐ→Tel(03)-1234-5678

例)
○○の特別製品進呈中です。お申し込みは→http://○○.co.jpまで

例)
アロマテラピーセミナー毎月開催中です。いますぐホームページへ

●割引・特典カード
名刺をもらった人だけに特典を与えることができ、貰った人にとっては嬉しい例です。

例)
お申込時にこの番号を記入していただくと、特別割引になります。

例)
この名刺をお持ちいただければ、お好きなドリンク1杯をサービスいたします。

●紹介の依頼
紹介販売の案内を書くことが可能です。何らかの特典と合わせるともっと効果的ですね。

例)
ホームページのデザインでお困りの方をご紹介ください。

裏面を信用と権威付けのために使う

会社やあなたを信用し、安心してお付き合いしていただけるよう、信用確保と権威付けのための情報を入れることができます。

●ミッション
書き方としては「理念」「社是」「信条」「スピリッツ」「クレド」などがあります。

例)
○○社の信条
・○○社は感謝の言葉を大切にしています。
・○○社は提案力ときめ細やかな心配りでお客様に安心を与えます。

●保有資格
あなたやあなたの会社が取得している資格を書くことができます。特殊な資格の場合、その説明や意義を入れることも可能です。

例)
○○上級
○○とは、○○社が認定する○○のための資格です。

●実績
受賞歴や表彰歴など、権威付けのために使えますね。講演履歴や著書、雑誌や新聞での紹介実績なども載せることが可能です。

●推薦の言葉
例としては、大学教授、著名人が推薦、もしくは使用していますなどという感じで書けます。

●所属団体
例とては、「全日本○○連盟認定」「○○県商工会所属」「○○組合所属」などになります。

●主要取引先
書き方としては、「取引先」「提携先」「主要顧客」などです。知名度の高い企業・団体や、知名度は低くても立派な名称の団体などが一般的に書かれています。

裏面を親近感を感じてもらうために使う

権威付けのように「凄い」ではなく、あなたを身近に感じてもらうための使い方もあります。

●経歴
書き方は「経歴」「略歴」「プロフィール」などがあります。
出身地、生年月日や出身校、職歴、これまで関わったプロジェクトなどを書きましょう。

例)
山田 太郎
略歴
・1970年(昭和45年)4月4日生まれ
・○○大学卒業
・○○株式会社入社

●趣味
「趣味」「特技」「モットー」なども有効です。釣り、サッカー、グルメなど、本当に個人的なことが良いと思います。
血液型とか星座でもおもしろいですね。ビジネス用だと表面に書くのはちょっとマズいと思いますが、裏面であればあなたを身近に感じてもらうためのいい手段ではないでしょうか?同じ趣味ということで、ぐっと身近になれると思います。

裏面をお役立ちのために使う

●豆知識
ちょっとした雑学や、自分と関連のある統計データなどを表記しても良いでしょう。

●メモ・メッセージ欄
面談内容をメモして、後で思い出してもらうために罫線を設けておくのもひとつの手です。
あらかじめあなたの直筆でメッセージを書いておくというのもインパクトがありますね♪

Valuable information

三菱東京UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/
Copyright © BCL. All Rights Reserved.